So-net無料ブログ作成

愛読ブログで同じゲームが取り上げられていた [ゲーム]


カルドセプトDS

カルドセプトDS

  • 出版社/メーカー: セガ
  • メディア: Video Game



私が書評をよく読みに行くBlogで、同じゲームが取り上げられていた。

情報考学 Passion For The Future
http://www.ringolab.com/note/daiya/2008/10/ds-1.html
わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる
http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2008/10/post-e37d.html

もちろん、私も発売日に購入し、ちょこちょこと進めている。
外出がちなので、WiFiにはまだつなげられていないのだが……

上記Blogで私が読んだことがあるものと同じ本を取り上げていると、ちょっぴり親しみがわくのだが、私の進めているゲームが取り上げられると、このゲームの根強い人気を感じられて、本が重なったときよりもなぜかうれしくなってしまう。



私のカルドセプト歴は古いけど短い。セガサターン版しかプレイしたことがないのだ。というか、セガサターン・プレイステーション以来据え置きのゲーム機を買ったことがないと言うのが正しいのだが。
時間のあった昔とは違い、据え置きゲームをじっくり楽しむ時間はもはや残されていない。しかも、テレビを占領すると嫁さんに怒られてしまう。

でも、DSなら嫁さんを無視しない程度に自分で楽しむことができる。スリープしておけば、細切れの時間でも十分に楽しめる。出張に持って行って、旅先で楽しむことだってできるので、社会人向けのハードだと思う。

カルドセプト自体は、サターン版をやり込んでいた経験でコンピュータには十分に通用する。
WiFiにつないだら、全然違う感覚に襲われるのかも知れないが……。

冒頭で挙げた2つのBlogに代表されるように、昔からのファンがずっとついていて、ゲームを支え続けている。
カルドセプトは一度やったことがある人なら、新作を支持し続けてしまうような不思議な力を持ったゲームなのだ。まだやったことがない人は、このゲームの魔力を感じるためにも、一度手に取ってみるといいと思う。

大ヒットを飛ばす様なゲームではないのだが、こういう息の長いゲームも一つの成功型なんだろう。


カルドセプトDS 公式ガイド~カード&タクティクス~

カルドセプトDS 公式ガイド~カード&タクティクス~

  • 作者: スタジオサバイヴ:編著
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2008/10/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

Dain

おお、ここにもセプターがっ!
ぜひ嫁さんもセプターにして対人戦しましょう。
そのときは、ゼネスを入れるのが夫婦円満のコツです。

ネット対戦では、週末の深夜にゴスロリファッションで「Dain」がいたら、それはわたしです。お手柔らかに、どうぞ。
by Dain (2008-10-19 23:02) 

book-sk

>Dainさん
コメントありがとうございます。

嫁さんも入れて対戦!!
その手があったか。今度試してみますね。

それにしても、セプターはいろんなところにいますねぇ。
このゲームに対する支持の根強さにびっくりしてしまいます。
by book-sk (2008-10-20 21:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。