So-net無料ブログ作成

住宅はローンで買うべきでない3つの理由 [opinion]

前のエントリで、住宅に関しての本を読んだので、今の私が住宅はローンで買うべきではないと思う理由を簡単に書いてみる。
1.住宅を購入するのは金銭的に損である。
不動産屋のラノベ読み:「『賃貸よりも、実は買ったほうがトク!』を批判してみる」
http://d.hatena.ne.jp/Lhankor_Mhy/20070612/1181656095

いろいろなサイト・書籍で語られているように、今の日本で不動産を取得するといろいろな費用がかかり、結局は借りた方が安いと言うことになりがちである。気になる人はシミュレーションしてみるといいが、購入した方が賃貸よりも得となるケースはほとんど無いと思う。
経済の原則通り、長期で見ればシミュレーション上はトントンになることが多いとは思うが……。


2.購入してしまうと、リスクを全て自分で負担しなければならない
仙石浩明の日記:「なぜ、「購入 VS 賃貸」 という比較がナンセンスなのか? 」
http://blog.gcd.org/archives/51168556.html

「なぜ、「購入 VS 賃貸」 という比較がナンセンスなのか? 」で書かれているように、不動産の購入は不動産投資に異ならない。借金を抱えて投資するのが非常にリスキーなのはどんな人でも、承知してもらえると思う。

また、価格リスク以外にも、地震や火災(もらい火事の場合は今の法律ではほとんど保証されないと思っていい)で滅失するリスクは全て購入者が負担しなければいけない。
加えて、新築の場合は、当初10年ぐらいは物件の価値減少がローンの減りを上回るので、売却が難しくなる。この時期に、近くに不人気施設(ゴミ処分場、高圧線、葬儀場、ヤクザの事務所等)ができてしまったら、不動産価値がおおきく下がるのを見ながら何も手を打てないというリスクがある。

3.不動産の所有権は原則放棄できない。
不動産屋のラノベ読み:「新築マンション購入と賃貸(50年後の場合)」
http://d.hatena.ne.jp/Lhankor_Mhy/20070824/1187957633

上記サイトによると、新築時価格3.300万円のマンションを購入して、50年目に物件価格660万円のマンションが残り、購入と賃貸の損得がほぼ無くなるシミュレーションになっている。

ここで考えてほしいのだが、築50年のマンションに価値なんてあるだろうか?実は、築30年を超えたマンションなんて今の時点ではさほど存在していないため、一般論として、建築後長期間が経過したマンションの価値がどうなるかはどうとも言えない状況なのだ。

加えて、不動産は原則として所有権を放棄できない。そのため、地方のリゾートマンション等では利用しないのに管理費や固定資産税を取られるのを嫌って数十万円で投げ売りしているケースも見受けられるとのことだ。

この点が、最悪でも所有権を放棄してマイナスになることを防止できる一般的な他の投資とは異なる。株式や貴金属だったらマイナスの資産になることはあり得ない。

これから10年~20年したときに、築後長期間が経過したマンションが構造的な劣化や、古さから来る不人気によるスラム化等の理由で住めなくなったけど、管理費や固定資産税は取られ続けるといった問題が、社会問題化する可能性は十分に存在すると思われる。
そうした問題が発生したときに、現在の政治が過度に高齢者の感情に配慮していることを考えると、政治が不動産価値を最大化するために適切な行動をとってくれる可能性は低いのではないのだろうか。


今不動産を購入すると言うことは、金銭的に損だし、様々のリスクを自分で引き受けなければならないし、将来的にはマイナスの資産になってしまう恐れまである。これらを鑑みると借金で不動産を購入するのはデメリットの方が多きく、購入するべきではないと思われる。

もちろん、将来的に振り返ればどっちの行動が正しかったかと言えるかわからないが、そんな勝ち目の薄いギャンブルに人生を左右する借金を抱えて参加することはないのでは無かろうか。







カスタム検索

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

Lhankor_Mhy

言及ありがとうございました。ここのところ忙しく、拝見するの遅れました。
 
やはり現状、「同じ支出なら買ったほうがいい」という人たちが「同じ支出なら借りたほうがいい」という人たちを上回っている、に尽きますよね。だから経済の原則に従って、人気があるほうが高くつくという。
by Lhankor_Mhy (2008-11-11 20:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。