So-net無料ブログ作成
検索選択

パニック障害を飼い慣らす:パニック障害なんてこわくない! [その他]


パニック障害なんてこわくない!

パニック障害なんてこわくない!

  • 作者: ヘヴ・エイズウッド
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2008/08/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



オーストラリアの漫画家が自らの経験を元に、パニック障害とのつきあい方を描いた本。
本書の特徴は、科学的・社会的にパニック障害を解説するのではなく、パニック障害にかかった人がどのようにつきあいながら社会復帰をしていくかという点について書かれた本であること。
パニック障害にかかった人が安心して希望を持つことが出来るようになる一冊である。
【目次】
1 こんなことありませんか?
2 “あいつ”って何?
3 “あいつ”をしつける
4 “あいつ”とお散歩にでる
5 “あいつ”とからだ
6 “あいつ”の飼い主特有の考え方
7 “あいつ”の飼い主でない人たち
8 “あいつ”を飼っているということ
9 “あいつ”の調教師をみつける
10 “あいつ”がもどってきた!
11 最後に…


目次にある”あいつ”は原文で”IT”イコールパニック障害の発作のことである。
筆者は漫画家らしくかわいらしいイラストで”あいつ”を描き、それを飼い慣らすための心構えについていろいろな角度から解説している。

その解説が元患者らしく、パニック障害の人が前向きになれるような、希望を持てるような書き方に満ちており、非常に癒される。パニック障害を持つ人が身近にいる人に対する「第7章”あいつ”の飼い主でない人たち」も、パニック障害に対する理解を直感的に高めることを助けてくれる。

本書を読んでもパニック障害に対する科学的知識は増えない。 しかし、パニック障害を恐れないココロと、パニック障害を持って生きることへの希望がわいてくる。

解説書・レポートは数有れど、ここまで気持ちに響く本はそうそう存在しない。
あっさり読めるが、読む価値の十分にある本である。

☆☆☆☆★(☆四つ半)

他のBlogの反応はこちら等。
(ポジティブな評価のエントリ)
http://laughterlife.blog6.fc2.com/blog-entry-83.html
http://quai62.blog15.fc2.com/blog-entry-619.html
http://blogs.yahoo.co.jp/sansara345/23425614.html
http://blogs.yahoo.co.jp/kuromame_1515/11998397.html

パニック障害の患者さん、元患者さんに評価が高いことが本書の価値を表しています。
他の本にない独特の視点・作りなので一見の価値ありです。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る