So-net無料ブログ作成

劇画でみる日本の歴史:太平記―マンガ日本の古典 [漫画]


太平記〈上〉―マンガ日本の古典〈18〉 (中公文庫)

太平記〈上〉―マンガ日本の古典〈18〉 (中公文庫)

  • 作者: さいとう たかを
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2000/09
  • メディア: 文庫



太平記(中)―マンガ日本の古典〈19〉 (中公文庫)

太平記(中)―マンガ日本の古典〈19〉 (中公文庫)

  • 作者: さいとう たかを
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2000/10
  • メディア: 文庫



太平記(下)―マンガ日本の古典〈20〉 (中公文庫)

太平記(下)―マンガ日本の古典〈20〉 (中公文庫)

  • 作者: さいとう たかを
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2000/11
  • メディア: 文庫



さいとうたかをが描く太平記。
マンガ日本の古典という、教養っぽいタイトルながら、劇画の巨匠らしくエンタテイメントとして十分に成立させている。

著者の後書きにあるように、映像では数万の大群を描くのは難しく、マンガの方が太平記を描くのに向いている。筆者のその言葉を表すように、本書は太平記の魅力を十分に引き出していると言えよう。

本書は足利尊氏を主人公とした「太平記」の正統をマンガに仕立てている。
キャラクターはさいとうたかをの特徴有るキャラクターで、非常に男らしいと言うか、男臭い活力に満ちている。
足利尊氏などは中東でテロを起こしそうな人相で描かれているが、そのあたりはご愛敬。

分量も、吉川英治「私本太平記」等に比べると漫画文庫3冊にまとめた本書はうまく圧縮しており、それだけに取っつきやすい。

本書を読んで太平記を面白いと思えば、吉川英治なり、森村誠一なり、原典なりにステップアップするのがいいだろう。

子どもにも、時間のない大人にも、初めてで取っつきにくいと思っている人にもオススメできる。

☆☆☆★(☆三つ半)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。