So-net無料ブログ作成

社長の戦略立案:ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 [自己啓発]


ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books)

ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books)

  • 作者: 楠木 建
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2010/04/23
  • メディア: 単行本



競争戦略の解説書。
とは言っても、コンサルタントや経営戦略部の策定する経営戦略とはひと味違う。

本書が対象にしているのは、社長の経営戦略だ。


【目次】
第1章 戦略は「ストーリー」
第2章 競争戦略の基本論理
第3章 静止画から動画へ
第4章 始まりはコンセプト
第5章 「キラーパス」を組み込む
第6章 戦略ストーリーを読解する
第7章 戦略ストーリーの「骨法10カ条」


一般的な経営戦略の本というと、学者が好むような、一般化された経営戦略を対象としたものか、コンサルタントや経営戦略部のスタッフあたりが好みそうなパワーポイント満載・バズワード満載の経営戦略を扱ったものが多い。
もちろん、そうした経営戦略にも意味がある。

しかし、本書はそうした世間一般の経営戦略本からは異なった、社長が作る”大筋”としての経営戦略の作り方、成功事例が取り上げられている。

本書には、細かな数字は出てこないし、マトリクスやパワーポイントの図解も出てこない。
本書で取り上げられる事例は、一部には不合理なものすらある。
しかし、部分的には不合理でも、全体からみると十分に筋がとおっていて、しかも、ストーリーがパワーを持って明確に語られている。

一般的に、社長が部下に戦略を語るときに細かな数字は必要ない。
大筋が魅力的な戦略であれば、優秀なスタッフが証拠を集めてくれる。
本書は、すべての社員が協力したくなるストーリーの作り方を説明した本であり、まさに社長・責任者のための一冊であると言えるだろう。

細かな詰めがなされていないように見えるので、賛否両論ある本なのだが、値段だけの価値は十分にあると思う。

☆☆☆☆(☆四つ)

他のBlogの反応はこちら
(本書をポジティブに評価するエントリ)
http://d.hatena.ne.jp/ubukatamasaya/20110320/1300620599
http://blog.goo.ne.jp/cv91if/e/1069037845ca889fc690424b58967bc1
http://d.hatena.ne.jp/koha06/20110318/1300466145
http://d.hatena.ne.jp/guerrillaichigo/20100529
http://blue.ap.teacup.com/applet/motokuni/2867/trackback
http://blog.goo.ne.jp/mailto1979/e/4d528151bf88ed3dc2f573cf33506dfb

アマゾンの評価とは違い、ブログの評価は比較的高いものが多い。
おねだん高めだけど、読んで損はない一冊。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。