So-net無料ブログ作成

「金閣寺」より「バトル・ロワイアル」:誰も教えてくれない人を動かす文章術 [文章]


誰も教えてくれない人を動かす文章術 (講談社現代新書)

誰も教えてくれない人を動かす文章術 (講談社現代新書)

  • 作者: 齋藤 孝
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/12/17
  • メディア: 新書



素人がプロの板前と料理勝負をするとき、どうすれば食い下がれるだろうか? 答えは、できるだけいい素材を使って、手を加えずに出す。
プロの技術を一朝一夕で身につけることはできない以上、素材勝負に持ち込むのが正解だ。

文章も同じ。
歴史に名を残すような大作家がやるように名文を書くのは難しい。
素人は、装飾なしでも面白い文章を考えることにパワーを使うほうが高い効果を見込める。

と、いうのが本書の基本スタンスである。

【目次】
プロローグ 人を動かす書く技術
第1章 「書く」ことで生活が劇的にチェンジする―エッセイからはじめる書く技術
第2章 まずゴールを決める―「書く」ことで世界観がガラリと変化する
第3章 ビジネスの文書力―稟議書・報告書・企画書・始末書・謝罪文の書き方
第4章 学生のための文章術―感想文・小論文・自己アピール文の書き方
第5章 メールは余力を残すな―おトク感を演出できる最高のツール
第6章 評価されるワンランク上の文章力―視点の身につけ方、読書力、文章の思考法


本書の基本は先に書いたとおり。
誰もが「金閣寺」や「伊豆の踊子」のごとき文章を書けるわけではない。
だが、「リアル鬼ごっこ」や「バトル・ロワイアル」のように、文章の美しさどころか、文法にも難があるかもしれないのに、設定の秀逸さでベストセラーになっている本もある。

そして、どっちがより簡単にできるかといえば、後者。
厳密には、多くの人を引きつける題材を考えるのも難しいのだが、ちょっとの進歩でより多くの効果が得られるのが後者なのだ。


本書は、ブログのエントリや入試の小論文など、多くの文章を読む人に対してちょっとしたアピールをすることを目標に書かれている
あなたが高名な学者や有力企業の社長など、「この人が書いた文章ならじっくり読んでみよう」と思わせるだけのネームバリューを持っているなら、本書を読む意味はない

しかし、そうでないのなら――。
本書を読む価値は十分にある。本書を読んで、Blogという多くの人に開かれた場で修行すれば、成果はかならず出るだろう。

☆☆☆☆(☆四つ)

他のBlogの反応はこちら
(本書をポジティブに評価するエントリ)
http://arakisin.diary.to/archives/51683827.html
http://dokushop.blog134.fc2.com/blog-entry-96.html
http://plaza.rakuten.co.jp/sebook/diary/201103230000/
http://blog.pasonatech.co.jp/mitani/303/15846.html
http://blog.goo.ne.jp/nanapon_001/e/fba856b9be719aa55a47a83ada65fac4
http://smoothfoxxx.livedoor.biz/archives/51892924.html

本書のキーワードは「凡庸は恥」
私は、ちょっとでも恥ずかしく無いエントリを書けただろうか?
文章術系の本に関するエントリは、余計に気を使うだけにちょっと苦手だったりします。





nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 1

サンフランシスコ人

「バトル・ロワイアル」.....12/27 サンフランシスコのメキシコ街の映画館で上映....

http://www.roxie.com/ai1ec_event/nippon-nights-battle-royale/?instance_id=23940
by サンフランシスコ人 (2017-11-16 02:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。