So-net無料ブログ作成
検索選択

新社会人におすすめ:お金の地図ーー先の見えない時代を生き抜くお金の基本 [投資・マネー]


お金の地図ーー先の見えない時代を生き抜くお金の基本

お金の地図ーー先の見えない時代を生き抜くお金の基本

  • 作者: 泉 正人
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2009/04/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



マネー本には大きく分けると二つの系統がある。
一つは、株式・不動産・債券などに投資してお金を増やすことを目的とする本。
もうひとつは、習慣を見直し、浪費をやめて、健全な財務状況を作り出すことを目的とする本。

本書は後者の本であり、どちらかというと初心者向け。
変なクセもなく、基本的なことが多く書いているので、新社会人が自分の給与を管理していくことに悩んだ時などにはお薦めできる一冊だ。

【目次】
1 まずは現状把握から
 いまなぜお金の地図が必要なのか
 あなたはこんなお金のクセをもっていませんか
 お金の使い方を変えてみる 使途不明金をなくせ!
2 お金の地図をつくろう(こんな時代のお金の貯め方
 お金の地図その1 家計簿
3 お金の未来地図を描こう
 お金の地図その2 財産&借金リスト
 あなたは10年後、20年後はどうしていたい?
 続けるための仕組みづくり


本書の作りは、
1.現状把握
2.将来の設計
の2ステップから成り立っている。

1.現状把握については、非常にシンプルで、”家計簿”という言わば家庭のキャッシュフロー計算書と、”財産&借金リスト”という言わば家庭の貸借対照表(バランスシート)をつくって、家庭の財務状況を把握することをすすめる内容。
サラリーマンの会計知識でも思いつくぐらい簡単な内容なので、有難味はないけど、非常に実戦的だ。

2.将来設計の部分はもう少しオリジナリティが高い。
平たく言うと、ゴールとなる将来のバランスシートを想像した上で、それに向かって頑張りましょうという話。
その時、ゴールとなるバランスシートは、昭和時代のように不動産+現金でもいいし、山崎元内藤忍風に(多くの)金融資産+現金のスタイルでもいいし、主婦系家計評論家がすすめるように現金オンリーでもいい。
本書は、理想のバランスシートについては何も述べていないのだ。

本書が言いたいのは、理想のバランスシートを決めた上で、それに向かって頑張るということ。
不動産取得を考えているなら、その知識と資金準備が必要だし、金融資産で資産を築きたいなら十分な知識と早めのスタートが重要だ。
その意味では、本書はスタートラインに立つ前の準備運動に当たる書物だろう。

正直に言うと、社会人歴が長いのに本書に書かれているようなことを知らない人はかなり危ない。でも、新社会人を始め、これからの人生が長い若い人ならはじめの一歩として読んでみても損はない。

☆☆☆(☆三つ)

他のBlogの反応はこちら。
http://staygold1979.blog.fc2.com/blog-entry-34.html
http://okane-up.seesaa.net/article/183145728.html
http://bookjiyuni.jugem.jp/?eid=3
http://blog.goo.ne.jp/shige-win/e/15463d949ab83eba5b9bb493a465b97b
http://rev.aao1.net/?eid=1197847

評判は悪くない。
サクっと読めるのもポイントが高いのだろう。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。