So-net無料ブログ作成
検索選択

警察だってにんげんだもの:後悔と真実の色 [小説]


後悔と真実の色

後悔と真実の色




貫井徳郎の推理小説
今回のテーマは、捜査本部メンバーのネガティブな感情だ。
警察官だって人間。
嫉妬もするし、恨みも抱くし、欲望もある。のっぴきならない家庭の事情を抱えるメンバーもいれば、ストレスが故の奇行に走るメンバーも居る。

殺人事件の捜査本部は「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」なんか目じゃないぐらいのブラック企業なので、壊れているメンバーも多いはずだ。
かろうじて、犯人への憎しみでつながっているのだが……。

警察の人間模様を描いた小説は多いけど、本書は登場人物が多く、それらを書き分けている所が特徴。
推理小説好きなら、一つのパターンとして楽しめるだろう。

☆☆☆★(☆3つ半)

他のBlogの反応はこちら。
http://yogurtcaramel.blog94.fc2.com/blog-entry-567.html
http://snufkinmasa.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-272c.html
http://pumila.jugem.cc/?eid=1388
http://arteryeruption.blog50.fc2.com/blog-entry-806.html
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/blog-entry-628.html
http://blog.goo.ne.jp/ksivasiva/e/047275f46736f4a7dd7fcd1875cc9582

直木賞の候補になりながら、受賞はできない筆者。
それが故に、最近の作風は人間の内面に踏み込むことに傾きすぎている気がする。
もう少し幅を出す意味で、毛色の違う作品があってもいいと思うのだが……。





nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 1

かおる

 はじめまして、かおると申します。
 遅ればせながら、トラックバック、ありがとうございました。

「警察官だって人間」「殺人事件の捜査本部は「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」なんか目じゃないぐらいのブラック企業なので、壊れているメンバーも多いはずだ」に、賛同いたします。まさにこの作品のポイントですよね。

 それから、「もう少し幅を出す意味で、毛色の違う作品があってもいいと思う」にも、賛同いたします。個人的には、『悪党たちは千里を走る』のようなスラップスティックを貫井さんにはまた書いていただきたいのですが。
by かおる (2011-09-24 06:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。