So-net無料ブログ作成

明るい大江戸バトル:伏 贋作・里見八犬伝 [小説]


伏 贋作・里見八犬伝

伏 贋作・里見八犬伝

  • 作者: 桜庭 一樹
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2010/11/26
  • メディア: 単行本



桜庭一樹が描く、大江戸ファンタジー。
江戸に潜む犬人間”伏”と彼らを狩る少女猟師との戦いを通じて、少女の成長を描く、筆者らしい作りの小説になっている。

桜庭一樹の小説といえば、少女の主人公。
小説を通じて主人公の少女が成長していく過程を見るのが、筆者の小説の楽しみ方だ。

そうした意味では、本書もその例外ではなく、主人公が兄・獲物である”伏”・主人公の周りをうろつく謎の戯作者といった大人の男に囲まれて、まっすぐに成長していく様子を非常にうまく描いている。

キャラクターも十分だし、ストーリーは作中作の小説を含めて読み応え充分。
エンタテイメントとして間違いなくお薦めできる作品だ。

☆☆☆★(☆3つ半)
http://lld.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-d0c1.html
http://sakuya5087.blog98.fc2.com/blog-entry-535.html
http://odstalactite.blogspot.jp/2012/04/blog-post_09.html
http://easel.jugem.jp/?eid=1492
http://www.ringolab.com/note/daiya/2011/02/post-1387.html
http://narauyori.seesaa.net/article/213907903.html

ちなみに、本作はアニメ映画化されるらしい。

私が本作に最高の評価を出来なかったのは、やや続きを意識した作品になっているから。
アニメ映画にもなることだし、いつの日にか続編が出るのかもしれないが、それが故の座りの悪さを感じてしまう。圧倒的なスピードで読ませることが出来る作品なので、その点だけが残念だった。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。