So-net無料ブログ作成
検索選択

アタマが古いのは高齢男性と若い女性:日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体 [社会]


日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体 (講談社プラスアルファ新書)

日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体 (講談社プラスアルファ新書)

  • 作者: 深尾 葉子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/04/23
  • メディア: 新書



アンチ専業主婦の典型のような一冊。アカデミックな視点はなく、目立つテーマと表紙のインパクトで売ろうとする新世代の新書の見本のような一冊だ。
基本的には筆者の思い込みなのだが、注目してもいい点が一点だけ存在する。

【目次】
はじめに タガメ女とカエル男とはなにか
第一章 日本を覆い尽くす「タガメ女」の脅威
第二章 タガメ女に吸いつくされる男たち
第三章 カエル男を支配する女たち
第四章 こうしてタガメ女は「害」をまきちらす 黒い報告集
第五章 「ママ友地獄」という”タガメ女たちの共食い”
第六章 タガメ女が日本経済に与える影響とは
第七章 タガメ女の意外な故郷
おわりに タガメ女という「箍」から解放される


本書の基本的構造はアンチ専業主婦。
男性の稼ぎに寄生して生きる専業主婦(パートタイム労働者などの軽微な労働しかしない人も含む)を「タガメ女」と称して批判する内容だ。

50再前後の筆者の世代ならともかく、このご時世に、専業主婦で暮らすことの出来る女性が一冊の本で批判するのにふさわしいだけ存在するかどうかはともかく、筆者の言いたいことはよく伝わってくる。
論理的な批判はなく、単なる思い込みや自分の好みからの主張では有るのだが……。

基本的にはざっくり読み流して、「そういう考えもあるよね」で終わるのだが、一つ面白い視点が。
それは、専業主婦の業務は楽勝ということ。世間でも言われているように、加工食品や家電製品の機能向上によって、専業主婦業務はどんどん楽になっている。それを踏まえて、どうするかがポイントだ。

楽になったにもかかわらず忙しいふり・大変なふりを続ける。これは本書で言う「タガメ女」一直線のコース。
専業主婦の技を極めてITの技術革新で可能となったサービスを使って小金を稼ぐ(クックパッドでレシピを公開して出版にこぎつける等)。これは「未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる」で示された新しい働き方の一種。

でも、世の専業主婦の配偶者は一番費用がかかって、自動化しにくい分野である教育で貢献してくれるのが一番嬉しいのではなかろうか?従来の専業主婦に求められていたのは料理・掃除・金銭管理のスキルだったが、これからは教育のスキルが求められる時代が来るだろう。
専業主婦を求める黄金コースは短大の家政科から、四年制の一流大学か芸術系の学校に移る時代が来るのではないかと考えている。

☆☆☆(☆3つ)

他のBlogの反応はこちら。
http://ptlife2005.seesaa.net/article/375604044.html
http://d.hatena.ne.jp/ohnosakiko/20130524/p1
http://blog.goo.ne.jp/sanno_el/e/b8d8a43695468142e915fbaf62ff107e
http://d.hatena.ne.jp/hatehei666/20130806/1375786450
http://d.hatena.ne.jp/SPYBOY/20130530/1369920015
http://d.hatena.ne.jp/kuyu/20130406/1365236364






nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 2

ななし

>専業主婦を求める黄金コースは短大の家政科から、四年制の一流大学か芸術系の学校に移る時代が来るのではないかと考えている。

自分がこれに属していて自己正当化したいわけですね
これこそあなたの「思い込み」でしょw
恥ずかしくないの?
こんな豚を飼ってる旦那は悲惨だね
by ななし (2015-05-18 10:31) 

book-sk

こんな昔のエントリにひっそりと的はずれな批判コメントが。

専業主婦が時代遅れ(少数派)になるのは間違いないと思いますが、最後まで残る専業主婦はどうなっていくか?が私の観点です。

昭和な時代は料理・裁縫・掃除洗濯が上手い人が重宝されていました。短大の家政科のイメージですね。
ですが、掃除洗濯は機械化されて男性の一人暮らしでも苦にならなくなったし、料理は美味しい外食産業が多々出ているし、裁縫はファストファッションの隆盛で既に中流家庭では不要なスキルになっています。

家族を持てばわかりますが、料理・裁縫・掃除洗濯にかかる支出はどんどん下がっていますが、教育コストは比較的高止まりしています。

そんな中、中の上~上の下ぐらいの家庭で専業主婦を持ってもペイするには、高学歴で子供を一流大学に導くレベルで勉強を見られる人、働き手と同レベルで資産管理ができる人、子供に楽器・絵画を教えられる人、(エントリには書きませんでしたが)子供に高度のスポーツを教えられる人(体育大学卒のイメージ)である必要があります。

特に芸術・スポーツ系の教授スキルは機械化が難しいので、これから専業主婦を目指すならソッチのほうがまだ可能性が高いんじゃないでしょうか。

by book-sk (2015-09-24 00:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る