So-net無料ブログ作成
検索選択

伝統的日本企業の人事評価:人事部は見ている。 [自己啓発]


人事部は見ている。 (日経プレミアシリーズ)

人事部は見ている。 (日経プレミアシリーズ)

  • 作者: 楠木 新
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2011/06/16
  • メディア: 新書



人事部勤務経験者が自己の経験と、人事関係者人脈へのインタビューを通じて、人事評価の実態を描いた一冊。旧来型日本企業における人事評価の実態を感じ取ることが出来る。
【目次】
第1章 人事部は何をやっているのか
第2章 考課と異動の不満の矛先
第3章 社員の「情報」を集めるルール
第4章 人事部員が見た出世の構造
第5章 正義の味方はしっぺ返しを受ける
第6章 曲がり角に立つ人事部
第7章 社員の人生は社員が決める


本書でも触れられてはいるが、人事の業務は多岐にわたる。採用・評価・労働組合対応・人材育成・福利厚生制度・懲戒処分……。
本書はその中で人事評価にスポットライトを当てている。

伝統的な日本企業ではどのように人事評価が行われていたのか?
本書で語られているのは、「これから偉くなる人とうまくやっていく能力」がキーワードということだ。将来的に出世する人と一緒に仕事をして、気のあった人に引き上げてもらう。これが基本のパターンで、人事部はそのスキームの手伝いをする部署だということ。

もちろん、人事部の仕事はクビを切ることby「外資系金融の終わり」が常識の外資系企業では事情が異なるだろうし、これから10年後の人事部が偉い人の引きで出世することを基本パターンに動いているとも思えない。
(個人的には、ビッグデータの活用で人事領域もコンピュータの占める割合が大きくなっていると思う。)

伝統的日本企業の人事評価についてさわりを知るには良い一冊。
これを見て、自分が出世するための情報として活用するのか、つまらない仕事をしている人事部にビジネス・チャンスを見つけて新たなサービスを開発するか。
その辺りは読む人の置かれた立場によって異なるのだろう。

☆☆☆(☆3つ)

他のBlogの反応はこちら。
http://library666.seesaa.net/article/309672577.html
http://smoothfoxxx.livedoor.biz/archives/51944567.html
http://blog.goo.ne.jp/hoddy/e/dd3663915a21d2295840eeb1a04c3f62
http://yshibata.blog.so-net.ne.jp/2011-08-18
http://d.hatena.ne.jp/kahusu/20110623
http://d.hatena.ne.jp/kamome_oita/20111128/1322431606

基本的に本書で描かれているのは、古い人事部の姿。
今どきこんな人事部では会社が傾くのでしょうが、昔はこうして動いていたということを知るのも悪くないはず。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。