So-net無料ブログ作成
検索選択

田口・白鳥シリーズの最終章:ケルベロスの肖像 [小説]


ケルベロスの肖像

ケルベロスの肖像




久しぶりにこのシリーズで面白かった。
ミステリ色も薄まり、当初の色も薄れてきた作品だが、今までシリーズを読んできた人なら楽しめるはず。頑張ってシリーズについてきた人へのご褒美のようなものだ。

【目次】
第一部 ケルベロス・タワー
序章 親愛なる犬たちへ
1章 断固たる決意
2章 変化球の依頼
3章 亡霊狩り
4章 ファンキー・ヒロイン
5章 無茶振りの時間差多重攻撃
6章 東城大の阿修羅
7章 廊下トンビの墜落
8章 モンスターとプラシボ
9章 マサチューセッツ医科大学上席教授・東堂文昭
10章 東堂サプライズ
11章 霞が関のアリジゴク
12章 碧翠院の忘れ形見
13章 ラッキー・ペガサス
14章 天馬・参戦
15章 4Sエージェンシー、不発
16章 内科学会理事・陣内宏介教授
17章 錯綜する思惑
18章 呉越同舟会議
19章 バックヤードの火喰い鳥

第二部 綿毛の行方
20章 ツートップ漫才
21章 晴れ舞台の朝
22章 憧れの戦車隊司令官
23章 ピーキーヤンキーの跳梁
24章 リヴァイアサンの心臓
25章 司法解剖が見落とした虐待
26章 プラシボの結末
27章 Aiセンター、始動
28章 ライスケーキの悲劇
29章 サプリイメージ・コンバート(SIC)
30章 暴かれた陰謀
31章 運命の日
32章 Aiシンポジウム開幕
33章 ブラックペアン
34章 天馬、飛翔す
35章 飛べ、綿毛
最終章 東城大よ、永遠に


上記目次を読んでもらえればわかるように、東城大の一区切り。
本書でも伏線が出てくるので、シリーズが終わるわけではないのかもしれないが、新たなステージに入ることを感じさせる。

今までの作品で散りばめられていた伏線が本書で収束するので、海堂尊作品のほとんどを読んでいることが楽しむための条件。これはハードルが高いが、条件をみたすならば楽しめる作品だろう。

海堂尊の本シリーズの節目にふさわしい、ファンブックとして十分な出来だ。

☆☆☆☆(☆4つ)

他のBlogの反応はこちら。
http://aruchuunen.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-aaec.html
http://blog.goo.ne.jp/k1z2/e/ce55748b042904b68ff7790c524f7b25
http://blog.zare.boo.jp/?eid=951038
http://blogs.yahoo.co.jp/saitou602002/62048895.html
http://blog.goo.ne.jp/apheta1969/e/9722a1136d6abe3bd11cc8a79da0122f
http://blog.livedoor.jp/rsketch/archives/52027771.html






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。