So-net無料ブログ作成
検索選択

シャベルで野球をする人々:食える数学 [数学]


食える数学

食える数学

  • 作者: 神永 正博
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2010/11/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



娘や息子が「数学科に進みたい」と言った時に、あなたは「食えないから考えなおしなさい」と言うだろうか?
もしそう言うとした場合、レベルとしては二つ有る。
一つは純粋に数学科の就職が難しいと思っている段階。さすがに、最近の大卒者ではこのような考えの人は少なくなってきたかもしれないが、一昔前はこういう人も結構居た気がする。

本書のターゲットになっているのはもう一つ上の段階。
「数学科に進みたい」と言われた時に、将来は投資銀行家か、アクチュアリーか、データサイエンティストか。なんて考えていると、実は数学科で学ぶ数学はそのような実利を志向していなかった……。このような食い違いがなぜ発生するのか?数学科で学ぶ数学とはどういったものなのか?を文系の人間にもわかりやすく書いているのが本書。非常に読み応えの有る一冊だ。

【目次】
はじめに

序章 数学の役立たず
1 高慢と偏見
 大日本専門バカタイトルマッチ
2 リクツをこねるな、ツクリたまえ!
 悲しい酒
 わがまま博士の大冒険

第1章 役に立つ数学入門
1 代数学・整数論
 因数分解についての素朴なギモン
 Suicaと改札の「ないしょばなし」
 インターネットでお買い物
 みんなが解けなきゃ怖くない
 RSA暗号
 電子署名
 間違いがわかるバーコード
 間違いを正すQRコード
2 微分方程式
 Tsunamiの恐ろしさ
 非線形を見てみよう!
 孤独なランナー ソリトンの謎
 素晴らしきエンジニア魂
3 フーリエ解析
 犬笛と楽器
 三角関数登場
 フーリエ解析でお宝さがし
 波がうまく測れない
 ウェーブレット
4 確率論・統計学
 迷惑メールを見分けるには
 ベイズの定理
 ベイジアンフィルタ
 統計で野球に勝つ方法
 保険・年金をデザインする
 アクチュアリー試験とは

第2章 どの数学が好きですか?
1 絵にならない学問
2 「数学」を定義する
 数学IV
 数学科数学
3 数学の耐えられない重さ
 食えなくてもいいですか
 数学科数学のキモ
 その数学、厳密につき
 絶対的な正しさということ
 なんでもかんでも一般化
4 This is IT.
 情報科学の理論≒数学
 日米共通のある事実
5 限りなく数学らしい数学
 ご利益第二主義
 数学者の意見
 メモ―学習指導要領の主要部分―

第3章 数学者ではない人のための数学
1 「グラフ」という考え方
 It’s a small world.
 人間関係が見えてしまう時代
 見えないシグナル
 ビジネス顕微鏡
2 サバイバルナイフとしての数学
 文系こそ数学を!
 野生の問題
3 教育の現場から―工学部の数学教育
 マセマティカをどう使うか
 講義はもっとおもしろくできる
1 ゴールの設定
2 体を動かす
3 専門科目とのリンク
 おすすめ教科書

終章 アカデミックスマートからストリートスマートへ
1 見る前に跳べ!
 数学は体育
 止まるより進むほうがラク。
 挽回のチャンスは、あちこちにある
 いきなり勉強法
 本物を相手にしよう
2 好奇心というエンジンを止めるな
 ものわかりが悪くたっていいじゃないか
 ちょっとヘンな子でも大丈夫
  「学校の勉強がつまらない」という才能
3 やってみなはれ
 誰でも楽しめる数学
  統計は大人の総合学習
  離散数学への招待
  数学の美しさについて
おわりに


私のような文系の人間からすると、数学科の学生というのは数学全般のスペシャリストを志向するもので、アカデミックに進まない場合は金融商品の開発をしたり、保険料率を計算したり、IT業界でデータサイエンティストになったりするものだと思っている。

ところが、数学科の数学は上記のように数学を使って何かするということを目指すものではなく、数学事態を楽しむもの、厳密な理論を完成させるものとしての数学なのだ。必然的に数学科を卒業した人の多くはアカデミックのポストを目指すことになり、大学で研究を続ける一握りを除いては”先生”として後進を指導することになる。

ところが、指導する側となった数学者はまたまた問題を引き起こす
それは、生徒からの「数学は何の役に立つのか?」という問に答えられないのだ。むしろ、社会科の先生に聞けば数学を使った職業をいくつか挙げて貰えそうなのに対し、数学科の先生は数学事態を楽しむものこそが数学だと思っていることから、それを使って何かに役立てるという発想がない。
必然的に数学は役に立たないと誤解する学生が多発することになる。

そうした実社会と数学との乖離に対して数学者が真摯に回答したのが本書であり、本書を読めば、数学者は「数学はどんな役に立つのか?」という問に答えられるようになるし、ビジネスマンや非数学の理系の学者は数学者がなぜ意味のないことにこだわるのかがわかるようになる。

数学を学ぶ際のポイントのようなものも散りばめられているので、中高生の子どもを持つ親ならば読んでいて損はない。

☆☆☆☆(☆四つ)

他のBlogの反応はこちら。
http://d.hatena.ne.jp/risujii/20131024/1382567619
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51550236.html
http://t814.dip.jp/blog/?p=3774
http://ikadoku.blog76.fc2.com/blog-entry-1059.html
http://blog.livedoor.jp/hidaka_yuichiro/archives/51890210.html







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。