So-net無料ブログ作成
検索選択
エッセイ他 ブログトップ
前の10件 | -

日本人でも知らない食の現場:英国一家、ますます日本を食べる [エッセイ他]


英国一家、ますます日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)

英国一家、ますます日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)

  • 作者: マイケル・ブース
  • 出版社/メーカー: 亜紀書房
  • 発売日: 2014/05/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



このエントリで書いた「英国一家、日本を食べる」の続編。
二つでワンセットになっているところがあるので、読むからには是非両方合わせて読んで欲しい。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

日本観光の底力:英国一家、日本を食べる [エッセイ他]


英国一家、日本を食べる(亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)

英国一家、日本を食べる(亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)

  • 作者: マイケル・ブース
  • 出版社/メーカー: 亜紀書房
  • 発売日: 2013/04/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



元料理人でも有る英国人のフードジャーナリストが、3ヶ月間日本で食べ歩きをした記録。
日本人でも食べた人のほうが少ないような高級料亭から、お好み焼き・焼き鳥といった庶民の食べ物まで日本食の多くのジャンルが網羅されている。

日本人なら当間と思っている食べ物と、日本人でも食べたことがないような食べ物。その両方がバランスよく紹介されているのが本書の面白みだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

若くして難病になったら……:困ってるひと [エッセイ他]


困ってるひと (ポプラ文庫)

困ってるひと (ポプラ文庫)

  • 作者: 大野更紗
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2012/06/21
  • メディア: 文庫



1984年生まれの筆者が「皮膚筋炎」、「筋膜炎脂肪織炎症候群」という日本でも何人というレベルの難病にかかったことから、難病とともに生きることを綴ったエッセイ。
単なる闘病記や世間への訴えだけではなく、今年で30になる若者世代の考え方、若くして難病にかかるということへの思いなども合わせて読み取ることが出来る。

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

同じ時代を行きても見ているものはぜんぜん違う:ロスジェネはこう生きてきた [エッセイ他]


ロスジェネはこう生きてきた (平凡社新書 465)

ロスジェネはこう生きてきた (平凡社新書 465)

  • 作者: 雨宮 処凛
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 新書



タイトルこそ「ロスジェネはこう生きてきた」となっているが、ロスジェネの一人である筆者:雨宮処凛がこう生きてきた。という自伝のような内容だ。

その証拠に、同じ時代を生きてきた私(筆者とは1歳違い)とはエピソードに対する思い入れが全然異なる。
例えば、筆者が思い入れを持って語る岡田有希子について私は何も覚えていないが、彼女の死と同じ年(らしい)に山本浩二が東尾修から日本シリーズでホームランを打った様子はよく覚えている。

このように全然共感するポイント、覚えているポイントが異なるのだが、それでも同じ時代を生きてきたものとしてはなんとなく気になる内容だ。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

サルに囲まれた世界を生きる不条理:不愉快なことには理由がある [エッセイ他]


不愉快なことには理由がある

不愉快なことには理由がある

  • 作者: 橘 玲
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2012/11/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



最新鋭の進化論をベースに日本を取り巻く様々な問題について書かれたエッセイ集。
シニカルな橘節は健在で、あまり愉快な気持ちになれないがグイグイと引きこまれて読みきってしまう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

厳選ツイート:つぶやきのクリーム The cream of the notes [エッセイ他]


つぶやきのクリーム The cream of the notes (講談社文庫)

つぶやきのクリーム The cream of the notes (講談社文庫)

  • 作者: 森 博嗣
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/09/14
  • メディア: 文庫



森博嗣のツイート100個にそれぞれ解説がついた本。
解説文は筆者のエッセイでもあるので、「MORI LOG ACADEMY〈1〉」が好きな人だったら楽しめるだろう。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

自己啓発チックなタイトルは本意でないのでは??:ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法 [エッセイ他]


ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法

  • 作者: ちきりん
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2011/01/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



大人気Blog「Chikirinの日記」の書籍化。
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/

Blog読者にとって、目新しいことは何も無いんだが、内容は非常に面白くて興味深いし、Blogと書籍には明確な違いがあるので、自分にあったメディアから入っていくといいだろう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

カップヌードルみたいな本:ツチヤの貧格 [エッセイ他]


ツチヤの貧格

ツチヤの貧格

  • 作者: 土屋 賢二
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2008/12
  • メディア: 単行本



このエントリで書いた「簡単に断れない。 」に続いて、ツチヤ教授のエッセイ。

たまに、読みたくなる妙な中毒性を持っている。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

本書が百万円の札束より優れている理由:簡単に断れない [エッセイ他]


簡単に断れない。 (文春文庫)

簡単に断れない。 (文春文庫)

  • 作者: 土屋 賢二
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 文庫



本書は、百万円の札束よりも価値がある。

理由は以下に述べる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

書評・エッセイ・雑文:100人の森博嗣 [エッセイ他]


100人の森博嗣 (ダ・ヴィンチ・ブックス)

100人の森博嗣 (ダ・ヴィンチ・ブックス)

  • 作者: 森 博嗣
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 文庫



森博嗣のエッセイ集。
筆者はミステリィも独特の雰囲気があるけど、本書のような短い文章も非常に独特だと思う。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - エッセイ他 ブログトップ
メッセージを送る