So-net無料ブログ作成

単なる悲観でも、無意味な楽観でもない現実:デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論 [経済]


デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論

デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論

  • 作者: デービッド アトキンソン
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2016/12/09
  • メディア: 単行本



元ゴールドマン・サックスのアナリストで、現在は日本の文化財修復会社で社長を務める筆者が語るニッポン経済復活への方策。
筆者は日本の観光業、日本経済について様々な本を出しているのだが、本書が一番言いたかった内容(=集大成)なのだろう。
バブル時代から日本を見続け、なお、見捨てていない筆者の提言には学ぶべきところが非常に多い。

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

これじゃ救われない:日本を救う数式 [経済]


日本を救う数式

日本を救う数式

  • 作者: 柳谷 晃
  • 出版社/メーカー: 弘文堂
  • 発売日: 2016/02/29
  • メディア: 単行本



筆者の肩書を見たらまっとうな数学者のようだったので興味を持って読んだのだが……。

本書の内容では誰も救われません

本書の内容は単なる清貧の思想と言うか、あきらめを勧める内容なので、なんの解決にもなってないのが残念だ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

セックスも恋愛も経済学からは逃れられない:セックスと恋愛の経済学―超名門ブリティッシュ・コロンビア大学講師の人気授業 [経済]


セックスと恋愛の経済学―超名門ブリティッシュ・コロンビア大学講師の人気授業

セックスと恋愛の経済学―超名門ブリティッシュ・コロンビア大学講師の人気授業

  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2015/01/01
  • メディア: Kindle版



タイトル通り、最近の恋愛に関する風潮を経済学で解き明かす本。
人間は自由意志で恋愛していると思っているのだが、経済学で説明できる事象に影響されている部分は非常に大きい。
変な恋愛マニュアルを読むぐらいなら、本書のほうが実践的で役に立つこと間違いなしだ。

続きを読む


タグ:☆☆☆☆★
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ブラック企業を避けるのは簡単だ:進め!! 東大ブラック企業探偵団 [経済]


進め!! 東大ブラック企業探偵団

進め!! 東大ブラック企業探偵団

  • 作者: 大熊 将八
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/02/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



ブラック企業とは儲かっていない企業である
この単純な真理をわかりやすく説明している。

企業がブラック化することについて、労働時間とか、ワンマン社長の存在などは本質の原因ではない。
儲からない企業は従業員に配分する原資がないため、どんなに頑張っても遠からずブラック化していく。
その当たり前の事実を明確にしたうえで、実在の企業を例にとってわかりやすく解説しているのが本書だ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

日本はこれから豊かになる?:10万年の世界経済史 [経済]


10万年の世界経済史 上

10万年の世界経済史 上

  • 作者: グレゴリー・クラーク
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2009/04/23
  • メディア: 単行本



10万年の世界経済史 下

10万年の世界経済史 下

  • 作者: グレゴリー・クラーク
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2009/04/23
  • メディア: 単行本



原始時代から産業革命後までの世界経済を概観し、
それぞれの時代に豊かさを決めるのは何か?
についての考察を行った一冊。

筆者がまえがきで書いているように、本書は
文庫 銃・病原菌・鉄」の経済バージョンのような内容を目指した作りになっている。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

民主党はこういう人を雇うべきですね:日本人と経済―労働・生活の視点から [経済]


日本人と経済―労働・生活の視点から

日本人と経済―労働・生活の視点から

  • 作者: 橘木 俊詔
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2015/10/09
  • メディア: 単行本



日本経済の歴史を振り返りつつ、その時の労働者・生活者はどのような状況に置かれていたかを記述している本書。
思想的にはかなり左派色が濃いのだが、ロジックは非常にまともで心穏やかに読むことができる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

貨幣の価値は皆の思いの中にある:21世紀の貨幣論 [経済]


21世紀の貨幣論

21世紀の貨幣論

  • 作者: フェリックス マーティン
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2014/09/26
  • メディア: 単行本



貨幣とはなにか?について経済の最先端の知識を使って解説した一冊。
貨幣誕生の歴史を紐解き、貨幣の意義・価値の源泉についてわかりやすく解説している。

お金の誕生について、
物々交換の経済において、保存・取引相手を見つける手間を解消するために、腐りにくく持ち運びしやすい貴金属が貨幣として使用されるようになった。

と習った人、思っていた人は是非本書を読んでみて欲しい。
貨幣の存在意義が保存や価値測定に存在しないことがはっきりと理解できるようになる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

池田信夫の本ですね:日本人のためのピケティ入門: 60分でわかる『21世紀の資本』のポイント [経済]


日本人のためのピケティ入門: 60分でわかる『21世紀の資本』のポイント

日本人のためのピケティ入門: 60分でわかる『21世紀の資本』のポイント

  • 作者: 池田 信夫
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2014/12/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




21世紀の資本」の解説という体裁だが、実際は池田信夫が自説について述べた本といったほうが正しい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

地方の豪邸より東京のあばら家:年収は「住むところ」で決まる 雇用とイノベーションの都市経済学 [経済]


年収は「住むところ」で決まる  雇用とイノベーションの都市経済学

年収は「住むところ」で決まる 雇用とイノベーションの都市経済学

  • 作者: エンリコ・モレッティ
  • 出版社/メーカー: プレジデント社
  • 発売日: 2014/04/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



居住地がどれほど年収に影響するかを明らかにした一冊。
産業のない地域の大卒より、イノベーション産業が栄えている都市の高卒のほうがはるかに年収が高い。居住地は、大卒・高卒の壁を超える影響度で年収に影響するのだ。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

日経新聞クオリティなんだよな……:日本経済を変えた戦後67の転機 21世紀日本の源流をたどる [経済]


日本経済を変えた戦後67の転機 21世紀日本の源流をたどる (日経プレミアシリーズ)

日本経済を変えた戦後67の転機 21世紀日本の源流をたどる (日経プレミアシリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2014/01/25
  • メディア: 新書



戦後から1990年代までの日本経済のトピックを並べた本。
ただひたすらにトピックが並べられているので、興味を満たす以上の知識を得るためにはさらなる補足が必要になるのだが……。

続きを読む


タグ:☆☆☆ 新書
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。