So-net無料ブログ作成
検索選択

多数決は過去の遺物か:「決め方」の経済学―――「みんなの意見のまとめ方」を科学する [数学]


「決め方」の経済学―――「みんなの意見のまとめ方」を科学する

「決め方」の経済学―――「みんなの意見のまとめ方」を科学する

  • 作者: 坂井 豊貴
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2016/07/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



母集団の意見をより忠実に反映する決め方は何か?
というテーマについて論じた一冊。

小学校のころから当たり前のように使われている多数決は数学的には母集団の意見を正確に反映できない。
多数決を使うことにどんな問題があって、より正確な母集団の意見の反映に向いた決め方は何か?
これらについて書かれた非常に面白い一冊だ。

続きを読む


あなたは何のために食べるのか?:ジョコビッチの生まれ変わる食事 [健康]


ジョコビッチの生まれ変わる食事

ジョコビッチの生まれ変わる食事

  • 作者: ノバク・ジョコビッチ
  • 出版社/メーカー: 三五館
  • 発売日: 2015/03/21
  • メディア: 単行本



テニスのスーパースターが語った、グルテンフリー生活をまとめた本。
グルテンフリーとは小麦を一切食べない食生活で、小麦アレルギーのあったジョコビッチはグルテンフリーにしてから体力が続くようになり、現在の好成績を収められるようになったとのこと。

本書でジョコビッチは、一歩進んで、小麦アレルギーであるかどうかにかかわらずグルテンフリーを勧めている。
正直なところアレルギーのない人にとってのグルテンフリー食生活は、科学的には意味あるものではないのだが、本書が語る世界のトップアスリートが食生活に向かう姿勢は非常に参考になる。

続きを読む


本編より注釈のほうが値打ちかな:大学でまなぶ日本の歴史 [歴史]


大学でまなぶ日本の歴史

大学でまなぶ日本の歴史

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 吉川弘文館
  • 発売日: 2016/03/18
  • メディア: 単行本



最新の研究をもとにした通史。
「大学で学ぶ」とタイトルに入ってはいるが、通史なので専門分野に入り込むことなく、わかりやすい記述が保たれている。
分量も大したことがないので、日本史をしっかり学んだことがない人にとっては最適の入門書。
日本史を高校時代にしっかり学んだ人にとっては、出典欄が一番役に立つガイドブックという位置づけだ。


続きを読む


タグ:☆☆☆★

世襲がなくなっていくのは戦後日本経済の勝利か。:世襲格差社会 - 機会は不平等なのか [社会]


世襲格差社会 - 機会は不平等なのか (中公新書)

世襲格差社会 - 機会は不平等なのか (中公新書)

  • 作者: 橘木 俊詔
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2016/05/18
  • メディア: 新書



読むに堪える文章を書ける珍しい左派の橘木教授の新書。
世襲に関する経済面からの分析は非常に興味深い。

世襲が「おいしい」事象に見えるのは、「おいしくない」世襲が行われなくなってきたから。
当たり前のことなんだけど、目から鱗の指摘が本書の核心だ。

続きを読む


素人の意見に価値はない:「学力」の経済学 [社会]


「学力」の経済学

「学力」の経済学

  • 作者: 中室 牧子
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2015/06/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



タイトルは「経済学」になっているけど、本書の本質は統計。
統計によって、学問に関する様々な俗説・思い付きのウソを暴いていくのが本書の面白いところだ。

続きを読む


メッセージを送る