So-net無料ブログ作成

思い込みの恐ろしさ:ラットマン [小説]


ラットマン (光文社文庫)

ラットマン (光文社文庫)

  • 作者: 道尾 秀介
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2010/07/08
  • メディア: 文庫



ラットマン
本書のこのタイトルは、だまし絵の一種から来ている。

人間は思い込んだら違う見方をすることが出来ない――
そのことが嫌と言うほど身にしみる小説である。
本書の面白さは、
・主人公が思い込みの恐ろしさによって犯罪を犯す過程を読みながら、
・読者が思い込みによって、犯人・犯行手段を最後まで自覚できない
と言う、2重の意味で思い込みの凄さ、恐ろしさを体感できるところにある。

読み終わった後から考えると、なーんだ、となるような犯人・犯行手段。
それでも読んでいるときには思いもよらない。

筆者の描写は素晴らしく、単なる謎解きゲームではない。
エンタテイメントとしても素晴らしく、パズル的に楽しむ人でも楽しめる。
簡単に読むことの出来る本なのだが、お値打ちの一冊だ。

☆☆☆☆(☆四つ)

他のBlogの反応はこちら
http://suguri-bingo.jugem.jp/?eid=513
http://plaza.rakuten.co.jp/makonakochi/diary/201101290000/
http://d.hatena.ne.jp/kaien/20110120/p2
http://d.hatena.ne.jp/yukioino/20110121
http://blogs.yahoo.co.jp/goodbirdie2000/42795224.html
http://plaza.rakuten.co.jp/jonathan04/diary/201101130000

概ね評判は良好。
ミステリ好きも、筆者の直木賞受賞を知った初めての人も満足できる良作。





nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 1

makonako

コンバンワ。
トラックバックありがとうゴザイマス。
俺はイマイチトラバよく分かってないので、コメントにて失礼します。

また、遊びに来ます!
by makonako (2011-02-02 23:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。