So-net無料ブログ作成

読み進めるのが辛かった:楽園の眠り [小説]


楽園の眠り (徳間文庫)

楽園の眠り (徳間文庫)

  • 作者: 馳 星周
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2009/02
  • メディア: 文庫



久しぶりにあたった気分の悪い小説。
とは言っても、出来が悪いのではなく、内容で気分を重たくさせられる劇薬小説だ。

本書のテーマは児童虐待。
そして、そのテーマの多くがそうであるように、救いは殆ど無い。
その救いの無さが本書の特徴であり、読んでいるものの心を沈ませる。

小説自体の出来は悪くない。むしろ、最後が駆け足な点を除けば、いい出来だと言っていい。
救いのないテーマがいい出来で書かれたら――朝の電車で読むには向かない小説が出来上がる。
それが本書だ。

本書を手に取る人には警告したい。
児童虐待をテーマにした、救いのない小説ですと。
それでもチャレンジしたいと思う人には、間違い無くお薦めできる。

☆☆☆★(☆三つ半)

他のBlogの反応はこちら
http://blog.livedoor.jp/yocching/archives/50730521.html
http://nobita.navinavi.org/archives/2009/09/post_1508.html
http://d.hatena.ne.jp/drunkershigh/20081207/1228622383
http://blog.livedoor.jp/lovehon/archives/64767599.html
http://blogs.yahoo.co.jp/asatte2300/16677722.html
http://blogs.yahoo.co.jp/kikyosyobo/37134859.html

なかなかに評判。そして、重たい。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。